2016年9月23日金曜日

最強のテレビ番組表サイト「テレビ王国」の魅力

テレビ欄の思い出

子供の頃から、新聞のテレビ欄・ラジオ欄を眺めるのが好きでした。

隅々まで隈なくチェックして、面白そうな番組を見つけた時の快感といったら!

「こんな内容の面白い番組なんじゃないか?」
たとえ、実際には放送時間の関係等で見られない番組だとしても
その内容を妄想しただけで、ワクワクして心が躍ったものです。


インターネット時代の番組表サイト

さて、時は流れて現代。
テレビ番組表はテレビのボタンを押すだけで瞬時に表示されるという
便利な時代になりました。

しかし、テレビに表示される番組表はレスポンスや一覧性も悪く、
お世辞にも使いやすいとはいえません。

パソコンタブレット端末を使っている方におすすめしたいのは
やはりテレビ番組表サイトを利用することです。

かつては、ネット上で多くのテレビ番組表サイトが公開されていましたが
2016年の現在ではだいぶ減り、主なところは下記の3つだけになりました
(テレビの放送は日本各地で異なるため、扱う情報も膨大になり、
なかなか採算がとれないということなんでしょうか)。

個人的に最強のテレビ番組表サイトは「テレビ王国」

さて、僕がテレビ番組表に求めるポイントは以下の通りです。
  1. チャンネルを自由に組み合わせてカスタマイズできる。
  2. 27インチの画面いっぱいにできるだけ多くの局を並べて表示できる。
  3. 気になる番組を1クリックで記憶しておける。
  4. 映画や音楽番組等、ジャンルごとに色分けできる。
    →不定期放送の映画などをざっとチェックしたいときに便利。
これらの条件をクリアしている、すばらしいテレビ番組表サイトが
テレビ王国」です。

▲「テレビ王国」でカスタマイズしたMy番組表

上の画像をクリックして見てもらえれば一目瞭然ですが、下記のすべてが可能です。

[1] チャンネルを自由に組み合わせてカスタマイズ

  • 好きなチャンネルを集めて自由にグループ分けできます。
  • 上部のタブをクリックすれば、グループを自由に切り替えられます。

[2] 画面いっぱいにできるだけ多くの局を並べて表示

  • 番組表の横幅を、最大で1800pxに設定できます。
  • 僕の愛用しているiMacの解像度は横幅が2560pxなので少し足りませんが、
    [command]+[+]キーで表示倍率をアップすればピッタリになります。
  • 横に最大で20の局を並べられます。

[3] 気になる番組を1クリックで記憶

  • 各番組ごとに付いている、緑色の[気]ボタンをクリックするだけで、「気になる番組」リストに番組を追加できます。

[4] 映画や音楽番組等、ジャンルごとに色分け

  • 13のジャンルごとに、好きなカラーを指定して色分けができます。

まさに至れり尽くせりのテレビ番組表サイトです。


「テレビ王国」への要望

あえて改善して欲しい点をあげるとすれば下記のような点です。
  • 横幅を1800pxより大きい数値で自由に設定可能にしてほしい。
  • My番組表の作成可能数を増やしてほしい(現在は最大で10個)。
  • 「Googleカレンダーに追加」ボタンを付けて欲しい(これに関しては解決する別記事を後ほど公開予定)。


とにかく、テレビ番組表サイトはキーワード検索等もできてとても便利です。
気に入ったサイトをぜひ使ってみてください^^
Read More

「テレビがつまらなくなった」という誤解

映画、ドラマ、アニメを鑑賞するほか、
ニュースや各ジャンルの最新情報を収集するために、
日々、いろいろなテレビ番組を録画して見ています。

テレビ離れが叫ばれる昨今。
「テレビをまったく見ない」
「面白い番組がまるでない」
なんていう人もいるようですが、
おそらく、そんな人の大部分は
「テレビでどんな番組をやっているかを知らない」だけでしょう。

それを知ったうえでもなお「見るものがない」という人は
よっぽど興味の範囲が狭いというだけのことではないでしょうか。

「歴史」「地学」「語学」「音楽」等、それぞれの分野の番組は
数多く放送されています。

学術的な最新の発見などは、書籍になるよりも早く
テレビのニュースやドキュメンタリー番組で美しい映像付きで
放送されるのですから、これを見ないなんてもったいない!
そう強く思うのです。


最近増えてきたテレビ不要論者にぜひ知ってもらいたい、
テレビの利点を以下に列挙します(気が向いたときに増えます)。

  1. 映画が自宅でタダで見られるよ(見逃したシーンも巻き戻せるよ)。
  2. 一流ミュージシャンのライブが自宅でタダで見られるよ。
  3. 一流俳優の舞台が自宅でタダで見られるよ。
  4. 全世界の博物館に収蔵されている名画や美術品を見られるよ。
  5. ノーベル賞で話題になった新発見をすぐに解説してもらえるよ。
  6. 遺跡から発掘されたばかりの出土品を映像付きで解説してもらえるよ。
Read More

自己紹介

自分の写真
ペンネームは玉生洋一(たまお・よういち)。
パソコン・イラスト・デザイン・SFなどの分野で書籍・記事を執筆。

《近著》
『Illustrator CC2015+CC パーフェクトマスター』(2015年) ※執筆・イラスト・DTP
『Illustrator デザイン時短技 ユーザー・ハンドブック』(2015年) ※執筆・イラスト
『Windows8 倍速・時短技 ユーザー・ハンドブック』(2013年) ※執筆
『InDesign CS6 パーフェクトマスター』(2013年) ※執筆・イラスト
『すぐわかるパソコン相談室』(2010年) ※監修・執筆・イラスト

小学生時代からパソコンの効率的な使い方や、デジタル作画術の研究を開始。
数年前に突然、小学生の娘ができましたが、そんな娘ももう女子高生。
ウェブサイトにショートショート小説を100本掲載。
年表、図解、収集、網羅を愛する元トランペット吹き。

仕事や面白い話は常に募集中です。
TwitterFacebookでのフォロー、連絡、返信等はお気軽に^^
Powered by Blogger.